不妊かもと思ったら産婦人科で許容できる治療方法を探すことが近道

不妊でお悩みのみなさまへ

不妊について夫婦で理解しあうには?

赤ちゃんの足

不妊という定義が「二年以上妊娠しないから」「一年以上妊娠しない」に変更されましたね。不妊の原因をほとんどの旦那さんが女の方に理由があると思っているようですが、実はそれは大間違いです。今じゃ不妊の原因は半々だと言われています。だけど、そうは言ってもなかなか自分の事として男性は考えられないでしょう。
しかし、現在クリニックでは、ましてや不妊専門のクリニックでは、男性が初診から一緒に来てできる検査はサクサクと進めていくのが主流です。そういう訳で私は、旦那さんに不妊治療をしっかり理解してもらうためには、不妊治療専門のクリニックを早くから受診して、新患説明会、体外受精説明会など当たり前の流れのように2人で参加していくことを勧めます。
不妊治療専門クリニックでは男性が一緒に来るのは当たり前ですので、自分も来て当たり前、自分も勉強して当たり前の環境にいることによって男性側の意識はすっかり変わっていくと思います。そうなったらしめたもの、きっと不妊治療を妻と一緒に頑張ってきた旦那さんは、そのまま育メンに移行していくでしょう。
2人で始めた不妊治療ですが、なかなかうまく結果がでないと喧嘩が絶えなくなったり、心に距離が出来てしまうこともあるでしょう。それを最小限に抑えるためにも治療には最初から旦那さんを巻き込みましょう。

CHOICES ARTICLE

赤ちゃんの足

不妊について夫婦で理解しあうには?

不妊という定義が「二年以上妊娠しないから」「一年以上妊娠しない」に変更されましたね。不妊の原因をほとんどの旦那さんが女の方に理由があると思っているようですが、実はそれは大間違いです。今じゃ不妊の…

妊婦

決断してよかった不妊治療について

私は20代男性ですが、結婚して6年が立ちます。妻は年上で現在40代前半ですが、以前不妊に関して悩んでおりました。というのも、結婚してから自然妊娠が2回ありましたが、一向に心拍が確認できず、二回と…

看護師

不妊治療にはカウンセリングもあります

不妊治療というのは、実は多岐に渡ります。その一つとしてカウンセリングがあります。例えば、生殖機能に問題があるのであればそちらも並行してやっていくことになりますが、要するにストレス起因など…

TOPへ